かっこいいカバー曲

スポンサーリンク

これって、原曲よりいいかも…

そう思えるカバー曲ってたくさんありますよね?

原曲が素晴らしいのはもちろんですが、曲をさらにカッコよくカバーする
アーティストはほんとにすごい!

っという事で、最近聞いてカッコいい!と思った曲を
ご紹介したいと思います。

異邦人「EGO-WRAPPIN’」
:原曲:久保田早紀
https://youtu.be/M9RnnrsSH8s
これ、ほんとに好きです。
原曲の哀愁ある感じとは違い、力強い演奏とヴォーカルで勇ましさを感じます。

特にイントロの吹き物の迫力は動画からでも伝わってきます。
生で聞くとすごいでしょうね。

EGO-WRAPPIN’はドラマ「私立探偵 濱マイク」の主題歌、「くちばしにチェリー」で
有名ですね。初めて聞いた時、すごいアーティストがきた!と思いました。

演奏ももちろんですが、中納良恵さんの存在感のあるヴォーカルが、
曲をガラッと変えてます。

N.O.「ハンバートハンバート」
:原曲:電気グルーヴ
https://youtu.be/fbQh-0lry4Q
これは…どっちもなんてカッコいいんでしょうか。
まあ今回は、カッコいいカバー曲という事なので原曲は置いておきますね。笑

実はこの曲がカバーだと最初は知りませんでした。
あまりにもハンバートハンバートが歌っているのが自然だったので。

どうもこのN.O.には原曲があるらしい、と知ったのがしばらくしてから。
知らずにいたら、原曲の素晴らしさにも出会えなかったでしょう。いや~よかった。

歌詞がかなりハンバートハンバートに合いすぎていて、これもうカバーでも
オリジナルでもどっちでもいいやて感じですね。

どこかコミカルで、否定的で前向きで。
人によって、曲の聞こえ方が違うかもしれませんね。

My first kiss(Hi STANDARD)
:原曲:あんしんパパ
https://youtu.be/HysEWnT1kkc
キテレツ大百科でおなじみ、はじめてのチュウがパンク・ロックにかわりました。
ハイスタらしいアレンジになっています。

ハイスタは青春時代かなり聞いていました(年齢ばれますかね?)
バンドをはじめるならまずハイスタから、という人が多かったですね。

4曲のミニアルバムに入っています。

結構、ハイスタはカバー曲が多いです。他の曲もカッコいいんですが
一番わかりやすいのでこの曲をチョイスしました。

歌詞が英語になっているのですが、原曲をある程度知っているのとメロディーも
大きな変わりはないので原曲をイメージして聞きやすいと思います。

好みはあるでしょうが、これはなかなか「アリ」なカバーでは無いかと思います。

いかがだったでしょうか?
今回は3曲、様々なジャンルからご紹介させていただきました。

ひとつだけ。
原曲は基本的にどれもいい曲です。だってカバーの元になる曲ですからね。

さまざまなアーティストがカバーをする事で、1曲に対して何種類もの楽しみ方がある、という
事で今回の3曲を聞いていただけたらと思います。

色々な角度から、自分の好きな曲を楽しんでいただければ、と思います。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする