フルマラソン走ってみた。

スポンサーリンク

2017年2月5日、和歌山県上富田町で開催された『第22回 紀州口熊野マラソン』に参加してきました!

口熊野マラソンはハーフマラソンとフルマラソンは、日本陸上競技連盟公認大会。

熊野古道を走る、県外の方の参加も多い大会です。

そんな中、僕はもちろん人生で初マラソン。

練習も20kmぐらいを何回か走った程度・・・

しかも当日は雨!結構な雨!

不安満載でもスタート地点に立てばもう走るしかない!

覚悟を決めて、たくさんの人に紛れて目指せサブ5ってことでスタート。

なんか想像していたよりも『え?もう始まったの?』という感じ。

そして走り出しても、もう景色が見えないくらいの人ヒトひと。

ついつい周りに影響されて、スタートからペースを上げてしまいそうになるところを

我慢我慢・・・まだまだ道のりは長いと自分に言い聞かせ、ゆっくりじっくりと。

それでも30kmぐらいまでは何とかキロ7分ちょっとのペースで走れたものの

そこからは未知の領域。

景色が全く変わらない、ただただ富田川沿いを走る一ノ瀬付近でペースダウン。。

ずーっと降り続ける雨で体は冷える、

足がなかなか前に出なくなる。

噂には聞いていましたが、30キロ以降は景色が全く変わります。

でもここまできたらあとは意地。

根性だけが足を前に進ませる。

ゴールした時のことをひたすら想像して。。

最後は顔歪みまくりでそれでも何とか歩かず、走り通してゴール!

紀州口熊野マラソン

タイムは5時間11分10秒。サブ5ならず。。

それでも何とかゴールできたのは雨の中沿道で応援して下さった方々や

応援しながら誘導してくださった大会関係者の方々、

そして周りで走っていたランナーのおかげです!

これって本当に励みになります。

自分だけに言ってくれてる訳じゃないってわかってるんですが

すごく力に、励みになりました。声って大事ですね。

そしてもう一つはあの秘策のおかげ・・・

最高の気分と悔しさを味わうことができた甘くて苦い初マラソンでした。

マラソン直後から翌日にかけての全身筋肉痛は言うまでもありませんが・・・

ゴールの快感には変えられません。

この快感をもっと気持ちよく味わうためにも、また走り出す。

こうやってマラソンに取り憑かれていくんですね。

ただ残念ながら、和歌山県ではフルマラソンの大会は年に1回この大会のみ。

来年はサブ5、いやいや、サブ4.5、いやいやいやいやサブ4を目指して練習します!

あの秘策についてはまた今度、じっくりとご紹介。

来年は一緒に走りましょうね!

紀州口熊野マラソン


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする