アウトドアシーズン到来!オススメのスポーツサンダル4選!

スポンサーリンク

5月に入り、いよいよ本格的にアウトドアシーズン到来!
キャンプにバーベキュー、夏になれば海へ・・・
音楽好きの方は各地で行われるフェスも楽しみですよね。
そんな初夏から夏のコーディネートの足元に、やっぱり外せないのは
ここ数年注目を集めているスポーツサンダルです。
とは言えスポーツサンダルって普通のサンダルとはどう違うの?
なんて方も多いのでは!?
という事で、今日はスポーツサンダルをオススメのブランドと合わせてご紹介します!

スポーツサンダルって何?

スポーツサンダルは元々、屋外レジャー向けに作られたサンダルなので、
まず滑りにくく、またソールが厚いので疲れにくいという特徴があります。
そしてストラップを多く使用することでフィット感が高く、
足首などもしっかりとホールドするので走ったりしても脱げにくくなっています。
普通のサンダルだと、ホールド感が少ないのでどうしても脱げやすかったり、
ソールが薄く、長時間歩くと疲れたり、雨の日には滑りやすかったり・・・
というデメリットを見事にカバーするのがスポーツサンダルなのです。

アウトドアだけじゃなく、タウンユースにもキマル!

スポーツサンダルは機能性だけじゃなく、デザインもとってもシンプルでクール。
なので、カジュアルなスタイリングや、キレイ目コーディネートの足元にも馴染みやすく、
普段のタウンユースにもサラッとキマリます。
スニーカー感覚で、楽に、且つオシャレにも使えるサンダルなんです。

オススメのスポーツサンダルブランドはこちら!

近年スポーツサンダルブームという事もあり、老舗ブランドから、新ブランド、
そして有名ブランドやセレクトショップとのコラボなど、様々なスポーツサンダルがリリースされています。
その中でも今回はまずはこれなら間違いなし!という有名ブランドを集めてみました。

抜群のフィット感はストラップに秘密あり!『Chaco (チャコ)』

Chacoは1998年、アメリカ人の靴職人でマーク・ペイジェンが設立したブランド。
自らの靴職人としての経験と知識を活かして最初に作ったサンダルが評判を呼び、
口コミによって人気が拡大、近年一気にトレンドにのし上がったブランドです。
Chacoの特徴はなんといってもストラップの形状で、これ実はすべて一本で繋がっています。
それによって全てのホールド部分が調整でき、自分の足にフィットさせることが可能なんです。

またトレイル用に開発されたソールもポイントで、Chaco独自に開発した、
トラクション性、グリップ性の高いCHACO GRIPをはじめ
ビブラムプロソールやリサイクルラバーを使用した軽量のエコトレッドソールなど
用途に合わせたソールが充実しているのも特徴。

Chaco (チャコ) Z1 CLASSIC

Chacoを代表するオープントゥモデルのサンダル。
カラーバリエーションも豊富でシンプル且つ機能性も確かな、
ヘビロテ間違いなしのモデルです。

スポーツサンダルの原点 『TEVA (テバ)』

1984年、グランドキャニオンのリバーガイドが水辺でビーチサンダルが脱げないように、
足首を固定するためにアンクルストラップをつけたことから、 Tevaのスポーツサンダルは誕生。
ベルクロストラップで足首をしっかり固定して、走れるサンダルとまで称されるホールド感。
スタイリッシュなデザインはモードにも人気。
TEVA (テバ) ORIGINAL UNIVERSAL URBAN

最もベーシックなTevaの代表、且つオリジナルスポーツサンダル初期のモデルです。
伝統的なナイロン帯ひも、EVAトップソール、耐久性の高いラバーのアウトソールを搭載。
当時の印象を残しながら現代へと復刻させた人気No.1モデル。

見事に復活!南アフリカ共和国のスポーツサンダル 『SHAKA (シャカ)』

SHAKAは1990年代に実在した南アフリカ共和国のサンダルブランド。
南アフリカ国内の自社工場にてハイクオリティで独創的なデザインのサンダルを生産、
アフリカの伝統的な柄や色使いを取り入れ、当時のトレンドであったウェビングテープを
使用したスポーツサンダルは90年代後半、日本でも多く販売され、
当時はアウトドアブームの追い風に乗り、大人気となりました。
1994年の南アフリカ、アパルトヘイト廃止後、自社工場での労働者の問題で工場を閉鎖。
惜しまれながらもSHAKAブランドは消滅してしまったのです。。
しかし十数年の時を経て、ついにSHAKAが昨年復活。
SHAKAサンダルの特徴であるソールの形状、発色の良いウェビングテープはもちろん、
プラスチックパーツやアーチの角度まで忠実に再現する一方、
ソールの強度やクッション性、足入れの向上を図り、
現代風にアレンジした進化版のSHAKAとして見事に復活したのです。
SHAKA (シャカ) HIKER

ブランドを代表する、ウーブンナイロン素材を使用した、包み込むような
アッパーデザインが特徴のモデル。
そしてSHAKAのデザインのもう一つの特徴、厚手で反り返りを施したソール。
現代的にシンプルな無地のカラーリングによって、より今のスタイリングに
フィットするデザインとなった新SHAKAを象徴するモデルです。

個性派に!遊び心と機能性がミックスされた 『KEEN (キーン)』

KEEN(キーン)は2003年、アメリカ・カリフォルニア州で誕生。
その始まりは“サンダルはつま先を守ることができるのだろうか?”というシンプルかつユニークなデザインへのチャレンジでした。
そして「Newport」というユニークで独自の機能をもったプロテクティブ・サンダル(つま先に補強の付いたサンダル)が誕生。
この創業モデルは『靴をこえたサンダル』として多くのユーザーから支持され、世界的なヒットを記録、“ハイブリッド フットウェア”という新たな商品群を生み出しました。
“ハイブリッド(複合型)フットウェア” サンダルとシューズ、陸と水、ファッションと機能性といった異なる概念を融合して作り出された全く新しいフットウエアを作るのがKEENです。

KEEN(キーン) UNEEK

その名の通り他には無い斬新なアッパーデザインがインパクト抜群のユニーク。
『2本の紐とソールの組み合わせにより作られた革新的なオープン・エア・スニーカー』
という謳い文句にもあるようにアッパー部分は2本だけの紐(コード)でできています。
このコードはナイロン製で伸縮性もあり、どんな足にもアジャスト。
足を入れれば、まるで自分だけにあつらえたような快適なフィット感をもたらします。

スポーツサンダルで安全に、そしてオシャレに夏を楽しもう!

ここでご紹介したのは本当にわずか。他にもたくさんのブランドや、
またそれぞれのブランドからも本当にたくさんの種類のモデルがリリースされています。
一言でスポーツサンダルと言っても、よく見るとストラップの形や素材、
カラーリング、それぞれがこだわりのデザインで作られているので、
自分の好みや自分の足にぴったりと合うものを見つけて、アウトドアやフェス、
そしてストリートのファッションなど、この夏幅広いシーンで活躍させてくださいね!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする