岩代大梅林へ行ってきました

スポンサーリンク

今回はみなべ町にある岩代大梅林へ行ってきました!梅の花は前日の雨もあってか、満開!!ではありませんでしたが、来年のためにレポートします。
岩代大梅林は「パンダのついででいんです」のポスターでも、もうおなじみ?ですが、自称 世界一ゆるい観光地らしいです。

岩代大梅林へは

国道42号線からJR岩代駅へ入る交差点の少し御坊よりを右に入ります。

田辺、みなべ方面からは、右手にスパイダーマンが見えたら減速して、一つ目の交差点を右折です。御坊方面からで、スパイダーマンを見つけてしまったら、あちゃ~っ行き過ぎです。

この国道42号線から、右折する交差点が解り難く、まがったところからはのぼりなどの案内も充実してるんですが、肝心の曲がる場所が解り難いので注意してください。

国道から入ったあとも左折、右折ポイントがありますが、そこには大きめの看板が設置されているので、大丈夫だと思います。

看板通りにすすんで、しばらく行くと、山道に入ります。そこからは一本道なので、どんどん山を登ってください。

頂上付近につけば看板に従って駐車場へ。ゲートで入場料金と駐車場を払って、車を止めます。

駐車場からの景色が、岩代梅林の目玉!

平たく開墾された農園に広がる梅の花は、まるでピンクのじゅうたんを敷き詰めたようです。

ほかの梅林と違って、梅林の周りは緑色をした山の姿なので、ピンクとのコントラストもきれいで、人工的なかっこよさが引き立ちます。

駐車場から、舗装された道を下へ歩いていくと、開放園がありました。

開放園の中には机や座卓などが置かれているので、花見ながらの休憩にもぴったしです。

お土産コーナーには、梅や醤油、お菓子などのおみやげ物がたくさん売られています。ここの、売店のお兄さんたちはみんな梅農家の人たちなので、梅の説明なども聞けて面白かったです。

なにより、みんないい人ばっかりです。

園内には観梅用の梅も。

下から見上げる駐車場。

あらためて岩代大梅林とは

岩代大梅林は約30ha 東京ドーム6.4個分と言われてもよくわからないですが、その広さに約2万本の梅の木が植えられています。

山、谷を造成して作られたフラットな農地が特徴で、岩代地区の人たちの悲願かなって作られた梅林です。梅林というと傾斜地に植えられた梅が一般的に想像しますが、まるで薄紅色の絨毯を敷き詰めたような風景は、周りの山々とのコントラストもあって異空間へトリップをした感覚にすらなります。また、碁盤の目のようになった園地に規則正しく植えられた梅の木々は人の力のすごさも同時に感じられます。

岩代大梅林の詳しい情報はホームページでみれます

http://www.daibairin.com/

今回はシーズンの終盤戦での観梅だったので、満開の梅とはいきませんでしたが、駐車場からみる梅林は格別でした。

岩代大梅林ではイベントにも力が入っており、20面園相当の旅行券が当たる大抽選会のほかにも、毎週、趣向を凝らしたイベントが開催されています。

地元の若い青年たちによる手作り感ある観光地は世界一かはわかりませんが、緩やかな時間が流れるほっこりする観光地でした。

皆さんもどうぞ、パンダのついでに行かれてみては?!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする