チーム対抗ママチャリレースに参加してきた -前編-

先日、お隣の白浜町は旧南紀白浜空港跡地で開催された
『第11回 白浜エアポートクリテリウム』内のイベント
『チーム対抗ママチャリレース』
に我々チームAND LOCALが参加してきました!

『白浜エアポートクリテリウム』

さて、我々が参加した白浜エアポートクリテリウム。
白浜エアポート(空港)はわかりますが、クリテリウムって聞きなれない言葉。
まず、クリテリウムとは、他の交通を遮断して街中に作られた短いコースを何度も周回する自転車レースのことで、通常のロードレースとは違い、同じコースをぐるぐるぐるぐる回るわけですから、観客達の目の前を選手がなんども通過し、何度も応援ができるというのが特徴。

つまり、旧南紀白浜空港跡地を自転車でくるくる回って何回回ることができたかを勝負しようぜっていう大会。

チーム対抗ママチャリ耐久レース

僕たちが出場した競技種目はチーム対抗ママチャリ耐久レース。

2人以上6人以下で1チームを構成。

1周約1.0kmの周回コースを1時間30分でより多く回れたチームが勝ち。
競技の間、走る選手の交代は自由。交代は各チーム指定のピット内で行います。

一般の部からファミリーの部、レディースの部や小学生の部などがある中、今年から新しく設けられた『変速ママチャリの部』に出場。

他にも色々と競技規則はあり、ママチャリ競技の場合、お買い物用自転車で且つ必ずカゴが付いていないとダメとか、ヘルメットや手袋を着用、などなど。
もちろん電動ママチャリは禁止です(笑)

各部門で1〜3位は表彰され、他にも仮装賞などいろいろな賞もあるとのこと。

それを聞いたからには我々AND LOCALも気合十分。
前日から気合を入れてAND LOCALツナギをメンバー分追加生産。

気合十分。あとは走るだけです。

レース当日

ママチャリ部門のスタートは12:30。
まず会場入りしたのはつくし君とワサビ君。

駐車場にはスーパーカーが展示されていてワサビくんは大興奮。

それを横目につくし君が受付を済ませます。

コースではすでにロードレース部門の競技が行われていました。

うーん少し緊張感が高まります。

そんなこんなでもうすぐ時間。
ピットにみんな集まったところで、いよいよスタート!

 

後半へ続きます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です